ジェビトラ-レビトラのジェネリック

ジェビトラ-レビトラのジェネリック

レビトラのジェネリック医薬品ジェビトラはインドの製薬会社が製造しています。ジェビトラを製造している製薬会社はジェビトラの他にもED治療薬や早漏防止薬などを製造しており、男性性の悩みを解決する治療薬を製造する専門家でもあります。ジェビトラの主成分はレビトラと同様バルデナフィルです。

レビトラのジェネリック医薬品ジェビトラ

ジェビトラの効果

ジェビトラの主成分であるバルデナフィルが、ED勃起不全の原因となるPDE-5という酵素を阻止し、ペニスの血行を推進させ勃起しやすい状態を作り出します。また、同成分は水に溶けやすい性質があるため、体内に浸透しやすく、30分程度で勃起力を発揮することができます。

なので、急なセックスを要する事態であっても素早く対応することができます。人によってはものの15分程度で効果が表れるという人もいるくらいです。なのでこのとことから即効性に優れた薬であるということがわかります。

その上、食事の影響を受けないため、服用時薬700kcal~800kcal程度であれば好きなものをたべておなかを満腹にした状態でセックスに挑むことができます。ただ、タバコや脂質の多い食事はジェビトラの効果を様妨げてしまう恐れがあるのでコントロールしましょう。

また、ゼリータイプのほうは錠剤よりもより体内に早く成分が吸収され効果を発揮しやすいので、より早く効果を発揮したい人にはゼリータイプがおすすめです。

ジェビトラの正しい飲み方

ジェビトラの正しい飲み方

ジェビトラは錠剤の場合、水もしくはぬるま湯でセックスの30分前に服用します。症状によって服用量は異なりますが、基本的に服用は1日1錠となっています。どんなに多く摂取しても1日の摂取量が60mgまでと決まっているので最初の服用から24時間間が開く前の服用は絶対にしないようにしましょう。

きちんと間をあけなければ心不全など重い副作用を招くおそれがあります。また、ジェビトラ自体初めて使用する人は20mgの服用からをおすすめします。同じレビトラであっても成分が一部異なるためもしかしたら自身の体に合わない可能性があります。

その時に成分量の多い物だと当然副作用も重症化してしまいます。なので、成分量のすくないタイプから服用して徐々に体を慣らしていきましょう。ジェビトラを服用してもし効果を感じないようでしたら、成分量の多いタイプを服用してみたり、別のレビトラジェネリックを試してみるのもよいでしょう。

ジェビトラの効果と副作用の関係

効果と副作用はきっても切れない関係です。 ジェビトラの副作用はレビトラと同様、頭痛、ほてり、吐き気、動悸などです。副作用の発症率は市販で販売されている風邪薬と同じぐらいとされているため、とくに神経質に気にする必要はないでしょう。副作用自体はどんな薬にもあるものなので、服用方法や使用方法をきちんとまもって服用すれば特に重大な問題になることはありません。

日常的に持病などの関係で薬を服用している人は担当医の人に相談、もしくは服用を控えるようにしましょう。また、特にいままで体に不調のない健康体の人でジェビトラを服用し、なにか異変を感じた場合はすぐにお近くの医療機関へ行きましょう。

ジェビトラの副作用:軽度

  • ジェビトラの軽度の副作用はほてり、頭痛、はなづまり、動悸です。このなかでもほてりが一番多くあらわれる副作用であり、使用した人の約15%の人たちがその症状をうったえています。
  • 5~10時間以上勃起状態が続くただ、そういった症状は通常通りの使用法をまもっていれば、うっすら感じる程度であり、行為に支障が出るほど重いものはほとんどありません。ただ、軽度のものであっても入浴などで血圧の上下が激しくなると副作用が強くなるため、服用するまえに入浴(シャワー)をするようにしましょう。

ジェビトラの副作用:重度

  • 重度のものとなると、アナフィラキシーショック、色覚障害、低血圧症、高血圧症、心停止などがあらわれます。そういった重度のものは通常通りの使用方法を守り、健康体の人であればないといってもよいでしょう。
  • ただ、過去に同成分でアレルギー反応があった人、脳、心臓などの病気を患ったことがある人や現在進行形で治療している人、また併用近畿薬を誤って使用してしまった場合、重症化する可能性が高くなります。なにかしらの薬を常用している人は医師に併用していいかどうかきくか、それが恥ずかしいのであれば薬の電話相談へきいてみましょう。自己判断での薬の併用はとても危険です。

ジェビトラと同様に即効性に優れているED治療薬

ジェビトラと同様に即効性に優れているED治療薬

ジェビトラと似ているED治療薬にバリフがあります。バリフにもゼリータイプがあり、同様に即効性に優れています。バリフのほかにもレビトラのジェネリックとし て、シルビトラ、ブリトラもあります。シルビトラに関してはバイアグラの成分も配合しているため、即効性のほかにも勃起力を求める人にはお勧めです。

ジェビトラと精力剤は併用できる?

ED治療薬とならんで勃起力をたかめるものの一つとして精力剤があります。ジェビトラは現在20mgしか販売されていないため、人によっては物足りなさを感じる人もいるかもしれません。かといって、多く服用したり、ほかのED治療薬を併用することはとても危険です。

しかし、その物足りなさを解消するのがジェビトラと精力剤の併用です。精力剤は医薬品ではなくサプリメントつまり栄養剤であるため、ジェビトラの効果を妨害したり、副作用を強めたりすることはほとんどありません。

むしろ、精力剤が体全体を元気にするため、より勃起力を高めることができます。ただ、強めるためには精力剤の継続的な服用が大切です。精力剤の特徴として徐々に体を元気にし、体の基礎体力を元気にして勃起力を高めているためすぐに併用の効果は現れません。

一見すぐに勃起力をたかめられないなら意味がないと思われがちですが、この方法には最大のメリットがあります。それは「根本的なEDの改善」です。時間をかけてついた基礎体力はその分すぐに衰えることもありません。むしろ寝み続ければ半永久的に継続可能です。遠回りな勃起力向上方法だとはおもいますが、確実に勃起力を取り戻すことができるためお勧めです。

ジェビトラの間違った飲み方

ジェビトラは即効性も勃起力も両方兼ね備えているうえに、早漏防止効果も高い薬です。しかし、飲み方を間違えると入院するまでまで悪化したり、全く効果を得られないことがあります。では、間違った飲み方とはどんな飲み方なのでしょうか。紹介していきます。

過剰摂取

  • どんな薬でも効果がほしいからといって多めに摂取したりすることは危険なのでやめましょう。たった1錠多く服用量を増やすだけでも危険です。薬の効果は有効域とよばれる一定の領域内では効果を発揮しますがその領域を超えてしまうと効果が逆に悪い方向へ作用し、頭痛や動悸、消化不良などの副作用を強めてしまいます。

フルーツと一緒に摂取

  • ED治療薬とグレープフルーツは一緒に摂取してはいけないというのは一般的に知られていますが、実はグレープフルーツ以外にも一緒に摂取してはいけない果物があるって知っていましたか?副作用を強める原因となるフラクノマリン(フロクマリン)という成分はリンゴ、ブドウ、柑橘類全般にも含まれています。なのでそれらは絶対に一緒に摂取しないようにしましょう。

他のED治療薬と併用

  • いろんな効果がほしかったり、興味本位で異なるED治療薬を一緒に摂取することは過剰摂取になり危険なのでしないようにしましょう。ED治療薬による事故のなかで高い割合を占めるのがED治療薬の過剰摂取です。その中に併用による事故も多く含まれており、国内外で報告されています。

併用禁忌薬と一緒に併用

  • 意外に多いのが併用禁忌薬を服用している場合です。この場合ジェビトラの副作用を強めてしまったり、併用した薬の副作用を強めてしまいます。どんな薬であっても現在飲んでいる薬がある人はきちんと担当医に一緒に飲んで良い薬か確認するようにしましょう。もし、確認しにくいと思う人は薬の相談窓口へ問い合わせたり、インターネットで成分を調べたりしてみましょう。

基本的にジェビトラは正しい飲み方をしていればきちんと効果を発揮し、副作用もほとんどかんじることがありません。正しい飲み方をしてジェビトラを上手に活用しましょう。