ED治療薬バイアグラ

ED治療薬バイアグラは、1998年にアメリカにある製薬会社ファイザーで開発され、販売されたED治療薬です。バイアグラの主成分は、シルデナフィルです。この成分は、勃起を抑制する酵素の働きを阻止します。本文はバイアグラの効果、持続時間と副作用についてご紹介します。

バイアグラ

バイアグラの持続時間

バイアグラは飲んでから1時間ほどで効果が発揮し、1時間ほどで薬剤の血中の濃度が最大値を迎えます。効き目は5時間~6時間ほどで、バイアグラが効いている間は性的な刺激があれば、何度でもセックスに挑めます。バイアグラは、他の薬よりも硬さが出る特徴があります。多くの場合、一度のセックスであればバイアグラが1錠あれば十分でしょう。

バイアグラの効果

勃起するためには、性的な刺激や興奮を受けて反応しますが、正常に働かなければならない4つの機能があります。その中で脳の働きが重要です。性的な刺激、興奮という情報を脳を通じてペニスに伝える神経、ペニスに集中的に血液を集める血管、血液を溜めるペニスの海綿体という4つの器官がその役割を果たします。

ED勃起不全の症状に陥ったときには、この4つの機能が十分な役割をしていないので、完全に勃起しない、挿入する際の硬さが不十分、セックス中に硬さが維持できない状態などがさまざまな症状が起こります。十分な硬さにならなかったり、維持できないなどの症状は、自分自身だけではなく相手にも満足が得られないセックスとなります。

人によっては、ED勃起不全に陥っている状態に気づいていないこともあります。原因は、心に抱えた不安や精神的なストレスだったり、性的な機能というよりも不規則な生活により栄養が偏り身体に影響を及ぼしたり、病気やケガによって使う薬の影響などで男性の性的な障害と分かりにくこともあります。

精神的にED勃起不全の症状に陥ったり、生活習慣から陥ったりする場合、EDの治療薬や勃起薬が効果的です。何かの病気を伴っている場合は、その治療で改善できます。今日では、若者も増加の一途を辿る傾向があり、ひと昔前には中高年の層に起こる病気といわれていたものの、年齢問わず起こる病気として、男性はいつ症状を発症するか分からない病気へと変化しています。

バイアグラの効果

日本の国内で認可を受けたED勃起不全の治療薬や勃起薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。効き目に違いはほとんどなく、強いていえば、効き目の長さ、食事やお酒の影響です。それぞれの特徴は、勃起の硬さや長さを使い分けしたり、副作用を意識することで異なります。

バイアグラは、EDの治療薬や勃起薬の効き目は、効果時間や食事との影響を重点にすれば分かります。副作用が起こるかどうかも服用する方によって、相性があるので自分に合うものを見つけるためにも色々と試してみましょう。1度試してみて各EDの治療薬や勃起薬の違いや副作用など自分好みの効き目を実際に服用しながら選ぶ方法もあります。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用は、もともと血管を拡げる薬なため、ほてり、紅潮、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などはどの方でも服用すれば起こります。一時的な軽度の症状が起こり、時間を経てばおさまります。それほど大事に至ることがないですが、万が一症状が悪化したり、おさまらないときには、バイアグラの使用を止め医師に相談して下さい。