レビトラは糖尿病や肥満症にも効果がある

レビトラは糖尿病や肥満症にも効果がある

勃起不全治療薬のレビトラは、糖尿病の患者や肥満症の患者に一番効果的なED治療薬と呼ばれています。EDには多くの原因がありますが、中でも多いのは糖尿病などの生活習慣病です。糖尿病のが原因のEDを「糖尿病性勃起不全」と言います。

ED治療薬は臨床試験でも80%の勃起不全の患者に効果があると証明された医薬品です。非常に多くの方に効果があるお薬ですが、バイアグラやシアリスなど、他のED治療薬は糖尿病の方や肥満症の方にはあまり効果が得られないと言われていました。ですので病気でEDになってしまった方は、効果を実感できないというケースもありました。

糖尿病・肥満症のレビトラ使用

糖尿病・肥満症の患者でも、レビトラで正常の勃起機能に回復


糖尿病でEDを発症している方にレビトラの10mgと20mgと偽薬を投与する3つのグループにわけて実験が行われました。投与開始前はどの方も「中程度のED」でしたが、投与してから12週間すると、偽薬のグループは殆ど変わりませんでしたが、10mgを投与したグループは軽度EDまで回復、20mgのグループは正常の勃起レベルになったという結果があります。

以上の実験から、レビトラは糖尿病の方や肥満症の方には特に高い効果が期待できます。ただし、通常の量では効果がない場合があります。初めて服用する方は10mgから利用し、効果が感じられないようであれば20mgにしてみましょう。なお、レビトラの用量は20mgですが、海外のレビトラジェネリック医薬品の中には40mg、60mgのジェビトラなど用量が多いお薬もありますのでこちらもおすすめです。

レビトラのジェネリック

さらにED以外にもレビトラ20mgを毎日服用した糖尿病の方は、血管内皮機能が高まり、動脈硬化が改善したという研究結果もあります。レビトラはEDだけでなく、定期的な服用で動脈硬化そのものを改善し、アンチエイジング効果があると期待されています。EDも改善し、健康にもよく、様々な意味で若々しくいられるというまさに夢のようなお薬です。

糖尿病の場合がレビトラの服用注意点


糖尿病の場合がレビトラを服用する場合、注意点があります。糖尿病の方は高血圧の場合が多いです。ですので血圧には注意が必要です。治療により管理されていない安静時に上が170mmHg以上、下が100mmHg以上の方の場合、ED治療薬は服用できません。血圧に関する薬ともレビトラは併用できない事が多いため、そのような方は服用前に医師に相談しましょう。