勃起不全勃起不全の症状

ED勃起不全の症状

ED勃起不全の症状

勃起不全は男性の尊厳に関わる問題です。勃起不全になってしまった事がショックでうつ病を発症してしまったというケースも少なくなくありません。勃起不全によって自信を失い、他の事に対しても無気力になってしまうという事も多いようです。

「インポテンツ」と言われるものがあり、これは完全に勃起しなくなってしまった状態です。勃起不全も同じだと考えられがちですが実際にはかなり違い、時々勃起しない、途中で萎えてしまう、硬さを維持できない、などの場合も勃起不全に含まれます。症状も軽度のものから重度のものにわかれていて、軽度の状態であれば、多くの方は「今日は疲れていただけ」と思おうとします。ですが、やがてその頻度が増え、勃起できない事の方が多くなり、気付いた時には重度の勃起不全になってしまっていた、という事になります。

大体の病気に言える事ですが、ある日突然発病するという事はほぼありません。症状は自覚のあるなしに関わらず、日々進行してしまっています。そして気付いた時には取り返しのつかない状態にまでなってしまっているのです。最近は20代や30代の若い方でも多く発症しています。少しでも気になる兆候があったら、早めに治療する事が大切です。あとで後悔をしないようにしましょう。

また、勃起不全ですから当然お相手があっての事です。ご自分だけの問題ではなく、相手も不満に思っているケースは非常に多いです。性の不満が原因で浮気、別れ、不倫、離婚につながるという事も決して少なくありません。満足させてくれない男性よりも満足させてくれる男性に惹かれてしまう、というのは無理からぬ事です。そうでなくても、男性の体の仕組みがよくわからない女性からしたら、「私に魅力を感じなくなってしまったのかもしれない」「他に好きな相手がいるのかもしれない」と不安に思ってしまっても不思議ではありません。勃起不全を治療するのは、自分のためだけではなく相手のためでもあります。

ED勃起不全

色々なED勃起不全

最近は、奥さんなど特定の人に対してだけ勃起しない「妻だけ勃起不全」や、排卵日に迫られることで圧力を感じてしまって勃起しなくなるなど特定の状況で発症する「排卵日勃起不全」、アイドルやまんが、アニメなどの二次元にしか興奮しない、自慰はできるけど相手を前にするとうまく勃起できないなど様々なものがありますが、これらも勃起不全に含まれるとされています。また、勃起不全の方は朝だちはするという方が多いと言われています。朝だちは正常という事は精神的な原因が考えられますが、朝だちするから勃起不全ではないとは言えません。このような症状がある方も注意が必要です。