ジェネリック薬の効き目や安全性は大丈夫?

さて話題のジェネリック医薬品とは、一体どのような存在なのでしょう。このジェネリック医薬品は、後発医薬品と言われ、先発医薬品と比べると大きな違いがあります。先発医薬品は、薬の開発に対しゼロから始まるものであり、いつ薬の販売に繋がるのか不透明な部分もあり、開発費や研究費、人件費などに相当な投資を行なうことになってしまいます。

それに対してジェネリック医薬品と言われる後発医薬品は、先発医薬品の特許が切れるのを待って販売される薬であり、この先発医薬品が特許を持っている期間に集中的に研究し、開発する薬です。

見本が手に入ることで、開発期間も短くて済み、それまでの費用も多くはかからずにすみ、格安な医薬品が出来たのです。

ジェネリック医薬品の安全性や効き目がどうなのか心配される方もいるかもしれません

    • ・そんな安い薬に効き目があるのか?
    • ・安全性は大丈夫なのか?
    • サイト内の日本語が不自然ではない

と疑ってしまう人もいると思われます。

ですがこのジェネリック医薬品も日本の薬事法に照らし合わせて作られています。

先発医薬品の成分を参考にし、更には様々な基準に基づいて製造されますので、必ず安心出来るものが作られることになります。

そのためジェネリック医薬品は、厚生労働大臣による承認を受けています。

後発医薬品の開発しようとする時点で、厚生労働省が定める多様な実験を行うことで、薬の効き目や安全性が、先に発売されている医薬品と同じであると証明する必要があるのです。

ここで十分な検証がされて発売に至りますので、効き目や安全性は国が保証していることになります。ですから先発医薬品と同様に服用することが出来るでしょう。

ジェネリック医薬品の特徴

ジェネリック医薬品の特徴として、先発医薬品価格の3割から5割で済みます

またジェネリック医薬品は、競争があります。この競争があることで、価格が更に安価になって来るのです。

ここでの競争は、出来上がった製品に対してのものですから、薬の内容に影響を与えることは全くありません。

年齢を重ねることで、持病とか慢性的な病気を持つ方、または長期間に亘って薬を服用する人たちにとっては、このジェネリック医薬品はなくてはならいものです。