タバコとED勃起不全との関係について

今回はタバコとED勃起不全との関係についてご紹介しましょう。ED勃起不全に限らず、タバコが健康を損ねることは明白。ED勃起不全をタバコの最大のデメリットとして啓発活動に取り組んでいる国もあるようです。

ED勃起不全患者の80%以上が喫煙者

ED勃起不全患者の80%以上が喫煙者

ガイドのクリニックに次のような相談が寄せられました。かいつまんで紹介すると「このところ家での勃ちが悪いので“遠征”に出かけたところ、熟練のプロの技術で“親子”ともども元気になった。しかし、いざ突入しようとすると中折れしてしまい、一時休戦。その間にタバコを吸いながら、なんとか回復の機会をうかがったが、吸えば吸うほど息子は戦意を喪失するばかり。ついには縮んで、まったくダメになった」というのです。

このケースは典型的な「タバコED勃起不全」です。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる強力な作用があります。ですから、健全な勃起にとっては大敵。ペニスは血管でできていると言ってもよいくらい複雑な血管網で構築されています。そのペニス海綿体を貫く動脈に流入する血液が満たされることによって勃起は起こりますが、ニコチンにより肝心の血管がしぼむので、あそこもしぼんでしまうのです。

ED勃起不全の80%以上が喫煙者というデータがそれを裏付けています。また、ED勃起不全治療薬の効果がタバコで落ちる場合もしばしばあります。せっかく効いているED勃起不全治療薬をタバコがしぼませてしまう。実にもったいないことです。

性行為が終わった後にベッドでおいしそうにタバコをふかすシーンは映画などの定番的な演出の1つです。しかし、タバコはED勃起不全の原因になるばかりでなく、多くの病気を引き起こす原因にもなります。タバコは演出上の小道具として有効であっても、健康にとっては「百害あって一利なし」と肝に銘じましょう。

血管の収縮のほかにも、心拍数の増加や血圧の上昇、心筋収縮力の増加など、ニコチンには循環器機能に関係するさまざまな作用のあることが確認されています。

禁煙がED勃起不全治療の第一歩

このように、嗜好品とはいえ、タバコの及ぼす害は決して小さいものではありません。ですから、タバコ者にとってED勃起不全治療の第一歩は、まずタバコをやめることです。たとえ、ニコチンやタールの含有量が少ない軽い種類を選んだとしても、タバコであることに変わりはありません。タバコの害をなくすには禁煙以外の選択肢はないと心得ましょう。

もちろん、ED勃起不全は複合的な要因で起こることが多いので、タバコをやめたからといって、ED勃起不全がすぐに改善したり治ったりするわけではありません。ただ、タバコは健康面ばかりでなく、人生にとってもマイナスになることばかりなので、やめるにこしたことはありません。